芸能高校のカリキュラム

芸能高校のカリキュラム

芸能高校のカリキュラム 芸能高校と普通高校の違いは学量で、普通高校が1週間に7回ほど英語の授業があるとすれば、芸能高校の場合だと1週間に4回ほどしかない可能性があります。
カリキュラムにも大きな違いがあり、芸能高校は専門科目がメインとなっていて、ダンスを学びたい場合はダンスレッスンなどが授業に組み込まれてきます。音楽活動をしたい場合では、ボーカルになるための勉強を行い、他にも発声練習やギターの弾き方などを学んでいくことができます。また、コミュニケーション能力を育成する授業も多く組まれており、芸能活動をする上では多くのファンをつけることが必要不可欠になりますが、コミュニケーション能力を向上させることによって多くのファンをつけられる可能性が高まっていくため、カリキュラムの一つとして組み込まれることが多くなっています。
俳優を養成する芸能高校では授業というよりも実演が多くなり、期間が経過するとオーディションに合格するための授業がメインとなってきます。

オーディション内容

オーディション内容 芸能高校に入学するためには選抜オーディションを突破する必要もあります。芸能高校によりその選抜内容は異なりますが、どのようなものが課されているのでしょうか。
芸能学校にはアクター志望や歌手志望など各ジャンルにより選抜内容は異なることがあります。それでもオーディションでは課される試験は同じものもあります。まずは、自己PRです。自分の将来の夢やアピールポイントを審査員に伝える試験です。自由にアピールすることが許されており、もっとも自由度が高いと言えるでしょう。加えて、その場所では個人面接が行われることも多いです。スタッフまたは教員が個人の可能性を見るため、また社会常識を測るために応募者に質疑します。書類審査が行われることもあります。

そして各ジャンルそれぞれの実技試験が行われることも多いです。演技を学びたいなら台詞読みや即興の芝居が課されて、歌手志望なら得意な歌をワンコーラス歌ってくださいと言われることも多いです。モデルなら簡単なポージング、ダンスなら即興のダンスなどが課されます。

新着情報

◎2021/6/23

芸能高校のカリキュラム
の情報を更新しました。

◎2021/2/15

あまり学費がかからない高校はある?
の情報を更新しました。

◎2020/11/16

芸能高校の学力
の情報を更新しました。

◎2020/10/30

サイト公開しました

「芸能 高校」
に関連するツイート
Twitter